ARTIST提携アーティスト

木管楽器

鈴木 直樹

previous arrow
next arrow
Slider

すずき なおき NAOKI SUZUKI

クラリネット,サックス

プロフィール

東京音楽大学付属高校卒。
クラリネットを佐野博美氏、内山洋氏に師事。
サックスを松本英彦氏に師事。
ジャズクラリネットは独学であるが、伯父・鈴木章治の演奏を幼少時代から身近に聴き、多大な影響を受ける。
スウィングスタイルをバックボーンに、デュオからビッグバンドまで多くの編成を率いて活動する他、ソリストとして国内外の多くのコンサートに出演。
自身のBig Band「Swing Ace Orchestra」を率いて、コンサート、「愛・地球博」や、ホテルのディナーショーに出演する他、吹奏楽団、管弦楽団等との共演も多数。
繊細かつパワフルな音色、正統的なスウィングスタイルを継承しつつ、独自のスタイルを加味したスピード感溢れる演奏は、ジャズ専門誌(スウィングジャーナル)の人気投票でも多くの支持を得ている。
ピアノ故エディー・ヒギンズ、山下洋輔、クラリネット北村英治、ヴォーカルペギー葉山、菅原洋一、阿川泰子、井上芳雄、二胡ジャー・パンファン、チェン・ミン各氏等々、国内外のアーティストとの共演も多い。
またプロデューサーとして「鈴懸の径」(伯父 鈴木章治演奏)等を中心にした懐かしい時代の名曲を集めたコンサート等、多くのコンサートを手懸け、2015年からは「新城(しんしろ)ジャズ」(愛知県)の音楽監督も務める。
またマルチプレイヤーとしても知られ、クラリネット、サックス(ソプラノ、アルト、テナー)で
スタジオミュージシャンとしてジャンルを越えた多くの録音に携わっている。
近年は、バルトーク等クラシック作品の演奏にも力を入れる他、トルコの民族楽器、ターキッシュ・クラリネットの演奏(NHK BSドキュメンタリー番組内)も大きな注目を集め、その独自の世界観で多岐にわたる演奏活動を展開している。
クラシック、現代音楽等々、演奏活動は多岐にわたる。
「神津喜行音楽講座」「六華・仙人コンサート」(主催:神津善行氏)等に出演。

著書

「Let’s Swing for Clarinet Quartet」アルソ出版 他